歯肉炎(猫)?口内トラブルのお客様よりご報告 / ポチの家

お客様の声

記事一覧へ戻る

歯肉炎(猫)?口内トラブルのお客様よりご報告

 

 

image2

 

みゅうちゃん 12歳 男の子  歯肉炎など口内トラブルでご相談

 

0961

 

ポチママ・佐藤様

お世話になっております。以前にも2度ほど、歯の痛みで食べられなくなった
12歳オス猫(みゅう)のことでメールさせて頂いております。

 

 

これまでの経緯
8/2:受診(見るからに痩せ細り元気がない)
⇒体重5.5kg(元は7.3kg)
・血液検査:異常無
・口臭、グルーミングもしないことから、歯の痛みのためだろうと歯のクリーニングを
予約して帰宅

 

8/6:受診(全く食べられていないようで更に元気がない)
⇒体重:5.0kg
・全身痲酔には耐えられないということで、クリーニングはキャンセル
・点滴を受け、シリンジでの強制給餌を指示される

 

以降、市販のチュールを30~40g/1日(3回に分けて)与え続けるが、嘔吐もあり
思うように給餌出来てる感触は得られず。

 

8/13:受診

⇒体重:5.0kg
・水分も足りていないということで、自宅用に点滴セットをもらう

以降、チュール30~40g/1日の給餌と100cc/1日の点滴続ける

 

8/20:受診(黄疸有り)
⇒体重:4.9kg
・血液検査:肝臓と胆道系の数値が高め。吐き気止め入りの薬を処方される
・もっと栄養必要と「ロイヤルカナン 療法食 高栄養パウダー」勧められる

以降、ロイヤルカナン療法食60g/1日の給餌と100cc/1日の点滴、2回/1日の薬

 

8/26:ポチの家より下記購入
・ビール酵母
・ビーフエキス
・みどりむし:バイオザイム
・生物ミネラル

8/28:受診
⇒体重:4.85kg

 

8/31より上記を療法食に混ぜて食べさせてきました。
生物ミネラルは歯に射すのが難しく、本格使用は9/10頃から使いました。

 

9/4:受診
⇒体重:4.85kg

 

9/11:受診
⇒体重:4.85kg
・吐が繰り返し見られるということで、更に吐き気止めの薬を強くしてもらい処方

以後、吐かなくなり、給餌量も徐々に増え療法食を100g/1日くらい
食べさせられるようになりました。

 

9/17:受診
⇒体重:5.05kg

9/20に久々に、本当に久々にメディファスのドライフードとシーバとプチトマトを
自力で食べてくれました。
以降、少しずつ自力で食べる量も増えましたが、まだ給餌も続けていました。

 

9/24:受診

⇒体重:5.3kg
・黄疸も薄くなり、肝臓系の数値も良くなっているとのことだが、
水分が足りないせいかもしれないが、腎臓の数値が少し高めと言われる。

 

一番痩せた時よりも450g増え、見た目にも少し解ります。
また、良く動き回るようにもなり、朝はご飯をねだりにも来ます。

 

まだ、自宅点滴も給餌も必要と言われ続けていますが、見るからに元気に
なり嬉しい限りです。給餌量が増えたのは吐き気止めの効果も大きいかと
思うが、自力で食べられるようになり、グルーミングも出来るようになった
のは、やはり生物ミネラルのお陰に思えます。

 

 

image1

 

 

みゅうちゃんがグルーミングまで出来るように回復しだんですね

とってもうれしいですっ!

 

 

 

もしかしたら、脂肪肝もおこしていたのかもしれませんね

私は獣医ではありませんから診断も治療も出来ませんが

心を込めて必要だと思うものをお話させて頂きました

 

 

0960

 

みゅうちゃんが使っていた生物ミネラルはこちらです

http://www.pochihouse.net/products/detail.php?product_id=329

 

口内のトラブルには舌癌、歯肉炎、口内炎などなど

病名に関係なく生物ミネラルをお勧めしています

 

にゃんこは口内のトラブルで命を落とす子は少なくありません

人間の口内炎とは比べ物にならないほど激痛を伴います

ステロイド療法は致し方ないとはいうものの、重度の糖尿病併発してしまう道のりをたどってしまいます

 

本当ににゃんこの歯肉炎、口内炎はかわいそうでたまりません

口臭がするにゃんこ、ごはんが食べられない子、相談フォームをご活用下さい

 

 

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド