「流動食をあげる方法を教えてもらっていなければ、もっと早く失っていたと思います」東京都 高田様 / ポチの家

お客様の声

記事一覧へ戻る

「流動食をあげる方法を教えてもらっていなければ、もっと早く失っていたと思います」東京都 高田様

これは相談ではありませんがこちらから失礼致します。
昨年からてんかんの発作などの件で何度かご相談させて頂きました東京都の高田です。覚えていらっしゃるでしょうか?

 

昨日11月2日、我が家のジュリは16歳で息を引き取りました。
先月あたりから歩くのもふらついたりと足腰がだいぶ弱ってきていたし、トイレも失敗したりとかなり老化の現象が現れてはいたのですが、それ以外は食欲もあるし割りと元気な様子でした。

 

それが2週間位前に下痢気味が数日続いたと思ったら、ご飯も食べなくなりみるみる痩せて弱っていきまました。
ポチママさんのサイトで見たやり方で流動食を与えてはみましたが、どんどん弱っていくので先週末に病院へ行き皮下点滴をしてもらいました。

 

自宅でもやり方を教わって皮下点滴をしてみましたが、多少効果があったのは最初の日一日だけで、この数日はトイレへも自分では行けず、連れて行ってあげてももう自力では立てないほど衰弱していました。
前から死ぬ時は私がいる時にしてね、とジュリにお願いしていたのですが、きちんとそのお願いをジュリは叶えてくれて、私の膝に抱っこされながら逝ってくれました。本当に親孝行な子です。/p>

 

正直もっと早く病院へ行っていたらまだ生きていてくれたのではないか?と思いますが、ポチママさんのところで流動食をあげる方法を教えてもらっていなければ、もっと早く失っていたと思います。

 

去年はガンの手術、その後はてんかんとあの小さな体にはさぞかし負担だったろうと思います。
でも今年に入ってからは大きな発作が起きる事もなく、とても穏やかに過ごす事が出来ました。
カツオのたたきや秋刀魚の味を覚えてすっかり好物になったりと、美味しい物も食べられたのでけっこう幸せだったろうと思います。
最後は苦しい思いをさせてしまいましたが、ジュリは自分の猫生を精一杯生きてくれたので、今は「頑張ったね~、えらかったね~」とたくさん心の中でほめてあげてるところです。

 

ポチママさんには相談する度に親身になってアドバイスして頂き、本当に感謝しています。

 

長文でごめんなさい。
ただ、心からポチママさんに感謝している事をお伝えしたかったのです。
いずれ我が家に新しい子を迎える日がきたら、その時はポチママさんのところにお世話になりますね。
それまでどうぞお元気で頑張って下さい。

 

東京都 高田様

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド