肺炎と腎不全の猫(にゃんこ)の食欲不振と皮下輸液について / ポチの家

相談のお部屋

記事一覧へ戻る

肺炎と腎不全の猫(にゃんこ)の食欲不振と皮下輸液について

神奈川県 S様より

 

ペットのお名前 : リーちゃん 20 歳 女の子
食べている食事 : ここ3日はほとんど水のみです。
銀のスプーン 15歳ようスープを水で溶かしたものすこし舐めました。

ご相談内容 :
はじめまして。
20歳メスにゃんこです。肺炎を患いした。腎不全の傾向もあります。

自宅で皮下輸液をして、脱水症状を防いでいます。
昨日から自分から水すら飲まなくなりました。それでも、水やキャットフードを水で解いたものを口の近くに持って行くとなんとか立ち上がって食べようと顔を近づけ舌を出そうとするんですが、、舐めるまでには至りません。

 

 

食べたいのに食べれない=まだ生きていたいということなのかと思ってました。スポイトで胃薬のシロップ少し飲ませてから水をスポイトで飲ませました。
そのあと、2回おしっこしました。

 

今朝になり、もはや水を口に無理やり入れても飲んでない感じです。酸素室から直後ホースで引っ張った酸素を鼻の前にあてなんとか呼吸してます。

こんな状態ではもう、皮下輸液もしないでゆっくりさせたほうがいいのか、皮下輸液をしたら脱水症状が緩和され、また少しだけ元気になりお水も飲んでくれる気持ちして、でももう針を刺すとか可哀想なことしないほうがいいのかとも思ってしまいます。

どーしたらいいでしょうか。これまで、良かれと思ってやったことが裏目にでてしまったりして、ここまで悪くなったのは自分のせいだと思っています。

 

最期看取るに辺り、輸液して脱水症状を少しでも緩和してあげるのがいいのか、このままにしてあげるのがいいのかアドバイスお願いします>_<

 

 

s-0918

 

Sさんは苦しめているのではないかと
ご自分を責めていらっしゃいますが

深い愛情がなければ20歳まで生きる事はありません

 

生命力の強いりーちゃんがSさんに護られて
現在まで一緒に幸せに過ごしてきた事になんら疑いの余地はありません

 

これまでも、その時に出来る一番の最良の選択をされてきたはずです

 

 

私は もし自分だったら・・・・・ と、自分に置き換えて考えるようにしています

 

私がその立場になった場合、どうして欲しいのか。
あきらめるか?
最期のその瞬間までママと一緒にいたいと思うか・・・・・

食べさせて欲しいのか、放っておいて欲しいのか
毎日お世話をしている飼い主様にはわかると思います

 

これまで、りーちゃんの為に選択したことが間違っているはずがありません

これからもです

 

 

呼吸が苦しいと思いますのでムリな事は体力を奪ってしまうかもしれません
みどりむしの人用を1カプセル飲ませるくらいでしたらどうですか

 

 

0960
http://www.pochihouse.net/products/detail.php?product_id=265

 

1~2mlのお湯で溶いて飲ませるだけです
https://www.youtube.com/watch?v=Pj2G1UWDX4Y&list=PL-hPu1gzMeWmFxLP7TUtJzDNQCojQX4xR&index=6

 

 

みかん という子を看病していた時の動画です

嫌がっていない事がおわかりいただけますでしょうか
https://www.youtube.com/watch?v=VAWD6EuZ47Q&index=5&list=PL-hPu1gzMeWmFxLP7TUtJzDNQCojQX4xR

 

りーちゃんが1カプセルを飲む動作が
そこまで負担にならないとお感じでしたら
ご飯を食べさせるのではなく、カプセルで栄養を補給して見てはいかがでしょう

 

ポチの家には重篤な状態の子のご相談が多く
みどりむしだけで生きている子はたくさんいます

 

酸素室の中で強制的に生かし続けているのではないかと
お考えかもしれませんが、呼吸が穏やかであれば
りーちゃんも落ち着いていると思います

 

輸液・栄養補給の継続については、 体への負担をよく観察されて
呼吸がみだれるなどの変化を注意して見ていてください

 

呼吸が速くなったら、もう楽にして欲しいというサインかもしれません

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド