トリマーさんからメールを頂きました / ポチの家

ポチママのコラム

記事一覧へ戻る
トリミング

トリマーさんからメールを頂きました

ポチの家のブログに、トリミング風景を動画撮影しアップしています。

 

それをご覧になった他県のトリマーさん方からです。

 

内容だけご紹介させていただくと、

 

「本当に、毎回こんな風に犬と接しているんですか?信じられません」
「おとなしい犬だけしか受けてないんでしょう?」
「オーナーから、急いで仕上げなさいといわれるので、絶対にこんな事は出来ません」
と、要約すると上記のようなご相談とご質問でした。

 

私は、毎回わんこには声をかけて楽しくおしゃべりをしながらトリミングを行っています。
信じられなくても、動画に映っているそのままです。
毎回、このようにトリミングを行っています。

 

以前、トリミング中のトリマーさんに 「このわんこ、なんていう名前ですか?」と尋ねたところ
びっくりするご返事でした。
「知りません」と。

 

また、別の日、別のお店さんですが
シャンプー中やドライヤー中のトリマーさんに、今接しているわんこの名前を尋ねると、
3人のスタッフさんが全員カルテを確認していました。

 

自分が触っているわんこの名前すら知らずにトリミングをしらっしゃいました。
つまり、一度もそのわんこに声をかけていないという事です。

 

人間同士ではありえない事です

 

ポチの家よりお客数が断然多いので、わんこの名前を把握出来ていなくても致し方ないのかなあとは思いますが
始める前にカルテを確認しているはずです。

 

どんな風にカットするのか、その子の特徴や注意事項に目を通すはずです。
けれども、名前はチェックしていないのでしょうか・・・・・。

 

犬だから、名前を呼ばなくても傷つかない、犬には話しかけなくても良い、犬には気をつかわなくても良いという訳はありません。

 

吠えたり、噛み付いたりする攻撃的なわんこには怒ったりどなったりするよりも、声をかけてあげることが効果的です。

 

その逆に、おとなしくて怖がって固まっているようなわんこほど声かけが必要だと思っています。
おとなしいわんこはとてもやりやすくて、声をかけるのを忘れてしまいがちです。
ですが、本当は怖くて我慢しているだけなので、そういう子にほど、声をかけてなぜて 「怖くないよ」と、落ち着かせてあげる事が大切だと思っています。

 

「おとなしい犬しかしないんでしょう?」というご質問ですが
比較的、おとなしいわんこが多いです。

 

ポチの家はお客様に本当に恵まれていて、我が子のように大切にされていらっしゃる方がほとんどです。
必然的に、わんこも穏やかに育てられます。

 

もちろん、噛むわんこもいます。
本気で噛んでくるわんこは大変申し訳ないですがお断りをする場合もあるかもしれませんが、店舗をオープンしてからは
まだ一度もお断りをした事がありません。

 

噛み付いてくるわんこが だんだんとおとなしくなってくれるのです。

 

飼い主さんを噛むけれども、私のことは噛まないというケースもあります。

 

飼い主さんが 我が子に噛み付かれて14針縫うケガをされ、もう洗うのは怖くなったとポチの家にシャンプーに預けられるのですが私にはとてもおとなしいのです。

 

飼い主さんには噛み付く子が、トリミングに来られる事は多いですよね。

 

毎回、噛まれたらどうしよう・・・・・と、ドキドキしながらシャンプーするのですが
お蔭様で、まだケガをするほど噛み付かれた事はありません。

 

声をかけて話しかけながら爪を切ったり抱き上げるようにすると、噛んでくる事はぐっと減ります。

 

ただし!
そんなにすぐにおとなしくなってくれません。

 

やっぱり、 避けきれずにたまに噛まれる事はあるのです(笑)

 

それでも、怒ったりしません。
噛むほど怖いことを、噛むほど嫌な事を、噛むほど痛いことをしてしまったのだと思っています。

 

そして、噛む事を止めさせるには
トリミングは怖くないと、覚えてもらうのが良いと思うのです。
トリミングは痛くないと、覚えてもらわなければいけないと思うのです。

 

何度も、何度も 怖くない、そして痛くないトリミングを繰り返す事によって信頼を寄せてくれるのだと思います。

 

私は、トリミングを好きになってほしいと思いながら接するようにしています。

 

生意気な事を申し上げて、大変恐縮なのですが
どうしても、見過ごせない状況でした。

 

 

噛む子へのトリミング動画

 

無理にひっぱったり、力をいれると噛むのですが、普通のブラッシングには噛み付くことが無くなりました

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド