添加物 / ポチの家

ポチママのコラム

添加物

ペットフードには添加物が沢山入っている!と聞いてびっくりされますか?

なんだか、添加物って良く聞くけどそんなに体に悪いの?
そんなに大騒ぎするほどの事なの?

 

と、耳慣れてしまって案外驚かない方も多いのですよね~。

 

添加物が食品に入っているのが当たり前になってしまっているからでしょう

 

それは、それで非常に怖いことなので
ポチママのコラムで時々お話させていただくことが出来ればいいな~と思っています

 

外国産の食品は化学薬品が使用してあるので、人体に有害ではないのかと懸念されている方は多いのですが
実は、ペットフードにはもっと有害なものが使用されているのです。

 

2007年の世界規模のペットフードリコール事件はご存知でしょうか
テレビでも報道はされていましたが、犬や猫が何万頭も死んだ大きな事件の割には少し触れた程度の報道でした。

 

これは、中国産の原材料を使用したペットフードに犬や猫が死んでしまうほどの有害な毒物(メラミン)が混入していた為です。

 

命を取りとめた犬や猫も、重い腎臓障害をかかえたとの事、本当に恐ろしい事件です。

 

中国だけで起こった事件ではありません。

 

「原産国はアメリカ産」と書いてあるペットフードを食べた犬や猫がたくさん、死んだのです。
これは、アメリカで製造したペットフードですが、中国産の原材料を使用していたと言う事です。

 

つまり、原産国よりも、どこの、どんな原材料を使用しているのかと言う事が非常に重要なのです。

 

トレーサビリティーが明記されている訳ではありませんから、どれが安全なのか私達にはまったくわかりません。
せめてリコールを出したメーカーは選ばない! と判断するしかないのです。

 

メラミン混入の事件のペットフードリコール社はとても大手なのですが、今現在でも製造販売しています。
そして、消費者も相変わらず多いと言う事です。

 

このような死亡事件があった事を知らないのか、知っているけど改善された思っての事なのか
未だに、このようなペットフードを購入する人が沢山いるのです。

 

私達消費者はもう少し、危機感を持つ必要があるのではないでしょうか。

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド