アレルギーについて / ポチの家

ポチママのコラム

アレルギーについて

アレルギーでかゆみとニオイがする:シーズ6歳

 

アレルギー:シーズ

アレルギー:シーズ

 

 

アレルギー(犬)と診断を受けたシーズ6歳 男の子からお電話でのご相談でした

 

◆主な症状

・手足をなめる

・耳からにおいがする

・頭を良く振る

・体がベタベタする

・体からにおいもうする

・セレクトプロテイン;療法食にて食事療法中

・ステロイド投薬3ヶ月間

 

獣医さんの指示によりシャンプーを1週間に1度はしているそうですが、

においが取れないとの事で

ネットで検索してポチの家にお問い合わせを頂きました

 

ステロイドの投薬が始まったので、いよいよ疑問に感じたそうです。

お薬を飲ませるとかゆみが治まるけれども、プレドニゾロンを調べた所、

3ヶ月も継続して処方が続いていることにも疑問を持たれたそうです。

 

お薬はアレルギーやかゆみの根本原因を治しているわけではありません。

かゆみを抑えているだけですから、お薬が切れるとまた症状が出ます。

 

 

まずは アズミラのラスティックフィーストにご変更していただきました。

 

また、排毒のためにエネルギーの高い飲み水をお勧めしました。

毎日飲んでいるお水にほんの少し加えるだけで波動の高いパワーのあるお水になります。

 

波動が高いお水は、細胞を蘇生・活性化してくれます。

 

体は60%の水分から成り立っていますから、良質なお水を摂取することはとても重要で

健康なわんこもにゃんこも、人も毎日の飲み水をエネルギーの高いお水にすることは大切です。

 

まずはドッグフードをアズミラに変更していただくこととお水を変えていただくこと。

これだけで様子を見て頂きます。

 

今の時点で沢山のサプリメントは必要ないと思います。

 

1ヶ月ほど様子を見ていただき、ご報告をお待ちしたいと思います。

 

体からニオイがするのは、SOSのサインです。

体がベタベタするのも、SOSのサインです。

 

ニオイと皮膚のベタベタは重いシグナルですので、是非ご相談下さい。

 

 

体のベタベタとニオイは、デオバイオスマイルスプレーをお使いになってください

デオバイオスマイルスプレー

デオバイオスマイルスプレー

 

微生物が汚れを分解・消臭してくれます。

肌に優しく負担をかけませんから、ダメージがある皮膚にも安心してご利用頂けます。

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

福岡市早良区原5-3-43

ポチの家

092-985-9200

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

 

犬(わんこ)のアレルギー(症状)とドッグフードについて②

 

s-0987 

 

犬と猫(わんこ&にゃんこ)では、ご相談の内容がかなり違います。

 

犬(わんこ)の場合は、圧倒的にアレルギーのご相談が多いのです。

 

 

・病院に通院しているのですけど、治りません

 

というのが一番です。

 

 

 

体を痒がったり、耳が悪くなったり、手足を舐めて腫れてしまって・・・・・・

 

このような症状があって、動物病院で治療を受けるのですが

 

なかなか良い変化を得る事が出来ないようです。

 

 

 

また、良くなりましたとお感じになっている方の中には

 

お薬で(犬の場合は大抵ステロイド投与)痒みを抑えているだけで

 

根治させる治療ではないのにも関わらず、治ったと思っていらっしゃる方も多いですね。

 

 

 

犬(わんこ)の場合、人とは違って化学薬品アレルギーが多いように感じます。

 

人の場合は食物アレルギーで 例えば卵がアレルゲンの場合

マヨネーズも駄目!

ケーキも駄目!

 

ということになるのですが、犬(わんこ)の場合は

 

ドッグフードやおやつに含まれる保存料や香料などの有害な添加物で

 

アレルギーを発症する事が多いのです。

 

 

 

ですから、ドッグフードを良質なものに変更すると

 

みるみるうちに、改善する事が多々あります。

 

 

「お客様のお声」に掲載している内容がご参考頂けると思います。

http://www.pochihouse.net/contents/voice/273 

 

 

 

私は手作り食も大賛成ですので、是非ご家庭で手作り食をあげて下さいと申し上げるのですが

 

手作り食は栄養のバランスが崩れてしまいがちで、症状を更に悪化させることもあるので

 

ドッグフードと缶詰と手作り食の併用をお勧めしています。

 

 

 何を与えていいのかわからない・・・・・

という方、まずは 相談フォームをご利用下さい。

 

・現在の症状

・現在食べている食事内容:フードメーカーも

・以前食べていたフードメーカー

など詳しく教えていただいた方がよいのです

 

 

■健康チェック

http://www.pochihouse.net/contents/health-check 

 

 

こちらのページの 相当するチェック項目も教えていただけるとわかりやすいので是非ご参照下さい。

 

 

 

犬のアレルギー(症状)とフードについて

 

s-0987

 

 

犬(わんこ)のアレルギーと症状について

 

痒がったり

頭を振ったり

手足を舐めたり

これは、アレルギー症状の現われで

体からのSOSのサインです

http://www.pochihouse.net/contents/health-check

 

上記URLのページの健康チェックをご覧下さい

チェックが1つでもあれば、アレルギーを疑いましょう

 

今の生活、環境、食事を見直す良い機会です

 

アレルギーのラブラドール

 

 

アレルギー、皮膚病、脂漏症 呼び方や診断名に大きな問題はなく

現在現れているその症状について、考えて見ましょう

 

 

犬(わんこ)や猫(にゃんこ)のアレルギーは見落とされやすいのです

 

それは、冬になって気温が下がってくると

痒みが少し治まったり

ニオイが少し減少したり

 

症状が少し良くなることがあるからです

 

そうるすと

飼い主さんは

 

「少し良くなってきた」

 

「このまま様子を見てみよう」

 

「今のままで良いんだ!」

 

と、治ってきたと勘違いして経過観察をしてしまい、見落としてしまいやすいのです。

 

02

 

また夏が到来してレルギー症状が出ると

「やっぱり、去年と一緒」

と、思われるのです。

 

けれども、大きな間違いがあります。

 

 

決して去年と同じでは無いのです。

 

去年よりも少し進行しているのです。

 

 

1年前とあまり変わらないように感じますが

例えば 4~5年前と比べると 現在よりもひどくなかったはずなのです。

 

冬に一旦落ち着くので、症状が軽くなったと勘違いして

少し悪くなっている事に気が付きにくいのです。

 

大切に、とっても大切にしていらしゃっても
勘違いしやすいケースが本当に多いのです。

 

様子見をしている間に、少しずつ症状は進行してしまい

症状はこじれてしまう事がとても多いのです。

 

アレルギーはあるラインを超えると

不治の病となってしまうケースが決して少なくありません。

 

s-0987

 

例えば、手足に黄色い汚れが付き始めると危険信号です

 

そうなるまでに手足を舐めたりしているはずです。

 

「癖だと思っていました」という方も多いのですが

赤く腫れてしまうほど舐めるのは病的な行動で、癖ではありません。

 

腫れて気になるから、また舐める。

 

更に舐めることを続ければ、腫れ上がった皮膚から、出血するようになります。

 

そうして、黄色いベタベタした汚れやフケのようなものがボロボロ付いてきます。

 

出血は止まりますから、治ってきたとやはり勘違いをしやすいのですが

病状は進行しています。

 

 

このような皮膚の状態が足だけではなく

アゴの下や 胸周りに現れるようになります。

症状の重いアレルギーのシーズ

  

そうなってくると、完治はかなり難しくなります。

週に3度もお風呂に入れて

プレミアムフードに変更して

病院に通院して

 

お薬を飲ませて

 

注射をして

 

サプリメントをあげて

 

いろんな努力をしても、かなり厳しい状況になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 ですから、 健康チェックで 1つでもチェックが出たら

今すぐ対応した方がよいのです。

 

様子を見ていても改善はしません。

 

 

犬のアレルギーの画像

犬のアレルギーの画像

 

 

アレルギー症状が無い子もいます。

とてもすばらしい ですね!

 

犬(わんこ)にアレルギー症状が出ていなければ何を食べさせても安全で安心というわけではありません。

 

犬(わんこ)にアレルギーの症状が出ていなくても

化学薬品が体内に入れば確実に内臓はダメージを受けます。

 

化学薬品とは、 ドッグフードやキャットフードなどのペットフードに含まれる保存料・香料・着色料などの添加物もそうです

 

病院の薬も化学薬品です。

 

洗剤やシャンプー、リンス、コンディショナーなども化学薬品です。

 

 次回に続きます

 

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド