地震・災害時のペットの避難について / ポチの家

店長ブログ

記事一覧へ戻る

過去のブログはこちら

ポチママ日記

地震・災害時のペットの避難について

こんにちわ
ポチの家の管理者で佐藤と申します

昨夜の地震から1夜明けましたがご無事でしょうか

環境省としてはペットの動向避難を推進していますが、やはり自治体での受け入れは様々なようです。

ペットと一生に避難をしても受け入れてもらえない場合もある事を事前に知っていれば何かしらの対処も出来ると思います。

 

 

悲観的になって精神的に大きなストレスを抱えたり、怒りがこみ上げて孤立してしまわないように、まずは心の対処が必要とされることになるかもしれません。

 

震災時の飼い主様による体験談で、ペットがいると軒下にも入れてもらえなかったり、どこにも居る場所が無いと絶望的になったという記事を読んだことがあります。

けれども、それでペットを邪魔になったという事は思わなかったそうです。ペット一緒に居ることで安心感があり乗り越えられたと言うことでした。

 

避難所ではペット用のスペースが確保してある場合がございますので、まずは受け入れを確認されてください。ペットの受け入れがムリだった場合、違う避難場所を探すと言うことになるそうです。

 

ただし、受け入れがムリというより、緊急時ですから拒否されたという強い感情を持ってしまう状況の場合もございますので、大きなトラブルにならないように、なるべくおだやかに受け入れの説得をされることもよいそうです。
避難所では動物保護班の方々と協力し合って同行したペットを飼育できるとなっています。

 

一緒に避難したペットをお世話できると言うことです。

飼い主様としてはペットを護ってあげたいですし、またペットからもらえるやさしい心は私たちを勇気付けてくれるのだと信じています。

護らなくてはいけない存在があるということで人は気丈になれるのだと思います。

 

・災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
・ペットが病気になったり怪我をしていた場合には動物病院にて手当を受けることが出来ます(緊急時にペットの怪我なんかで・・・・・という心無い言葉にめげないで下さい)

・保健所・動物愛護センターにペットフードや猫砂などの備蓄物資を救援要請することもできます

・ペットが逃げ出して行方不明になっている場合
http://matome.naver.jp/odai/2146067928259543201

情報がアップされています

 

 

 

お電話でご連絡が取れた方は大きな被害も無く、わんこやにゃんこも元気だということです。

また、私が想像していたよりも明るい状況のようでした。

家具や置物が倒れて散乱してはいるものの、大きな被害が無いと言うことです。

 

冗談で笑い声をお聞きできたことが何よりもうれしく思いました。

 

動物の報道はまだ聞こえてきませんが、きっと多くの子が犠牲になっていることでしょう。

 

ポチの家の熊本県にお住まいのお客様へ

1ヶ月以内にご注文等でご連絡があった方へは直接お電話にて

直近の記録が残っている方へはメールにて安否確認をさせて頂いております

 

緊急時にかえってご迷惑だと存じますのでこのブログにて皆様のご無事をお祈り申し上げます。

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド