脳科学に基づいた心理カウンセリングについて / ポチの家

店長ブログ

記事一覧へ戻る

過去のブログはこちら

心理学

脳科学に基づいた心理カウンセリングについて

 

ポチの家は病気のご相談が多いお店です

 

全国から重篤な病気のご相談が毎日寄せられます

 

癌、リンパ腫、猫エイズ、猫白血病、FIP、膵炎、脾臓摘出、門脈シャント、股関節形成不全、腎不全、クッシング、口内炎、アレルギーなどなど

本当にたくさんの病気のご相談が多いのです。

 

しかも、ほとんどがまったく食べなくなってしまった状況であったり

まさに命のカウントダウンが始まった状態でご相談があるのです。

 

『商品が届きました! 食べました!』

『まったく食べなかったのに自分から食べ始めました!』

と、ご連絡がたくさんある中で

 

 

不思議なのは、私と電話で話をして電話を切った途端に

食べ始めました、

元気が出ました というご連絡があることです。

 

 

どういうことでしょう。

確かにご注文はお電話で頂きますが、まだ商品は届いていない状態なのです。

相談の電話をしただけでわんこやにゃんこが10日ぶりに食べ始めた・・・・ なんて事が

しょっちゅう起きます。

 

また、電話で話してるうちに飼い主さんが元気になられるなど不思議な事が起きます。

 

 

目に見えない何かの力が作用しているんだな~と感じます

 

 

でも、このような現象は不思議でもなんでもなく

『意識』 という概念の変化がもたらす現象なのです。

 

 

ペットは飼い主さんが看取ることになります

その悲しさ

辛さ

寂しさ

最期の映像など何度も何度も思い出され、いつまでも記憶に残ってしまいます

私もそうです

そうでした

ですから、飼い主様のお気持ちがよく、

本当によくわかります。

 

ですから私は、飼い主様の心のケアについて心理学をメンタルヘルス協会、

トランスフォーメショナルと学んできました

 

『病人でいることをやめる・やめさせる3つのステップと18の心理技術』という梯谷メソッドを

ご存知の方がいらっしゃるでしょうか

 

2017年10月22日 東京全8回コースを終了してきました

 

 

これはペットへの病気の治し方だけではありません

主に、人のカウンセリング、コーチングとなります

 

20140303

飼い主様のお身体に不調がある(癌、アトピー、など)

元気が出ないなど体調の事でも結構ですし

悩みがある、親子関係、人間関係がうまくいかないなどなど、

とにかく現状の生活から変化を起こしたいことがある方を対象に

カウンセリングモニターを先着10名様を募集いたします

 

 

近日中に正式に募集フォームを設置いたしますので

ご関心のある方、ホームページをチェックしてみてください

もちろん、メールでお問い合わせも受けております

 

 

20171017 014
ねねちゃん:読書中

 

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド