ケリちゃん日記 / ポチの家

店長ブログ

過去のブログはこちら

ケリちゃん日記

ケリちゃん③

 

ケリちゃん

 

昨夜は ちょっと目を離している間に
こんなところにケリちゃんが!!

行倒れみたいで怖~い・・・・・

それにしても一人でここまで歩けたんだ
すごい!!

喉が渇いたのかな~

 

倒れたはずなので 打ち身はあるはず

痛いだろうな
ただ そうはいっても

何しろ自分で歩いたのは3日ぶりだったので
とてもうれしい

 

 

 

 

というのもつかの間

 

今朝は昨日より状態が悪くなっていました

 

ごはんに興味を示しません

 

 

 

今朝はごはんを食べさせながら やめておこうかな・・・・・・と

思いましたので、サプリメントで栄養補給することにしました

 

昨日までごはん食べてたのに!

それで、おやつなら・・・・とおやつに変更します

 

そして

 

昨日までおやつを食べてたのに!!

そして、缶詰に変更

 

昨日まで缶詰食べてたのに!!

 

 

 

と、ある日突然その日はやってきます

状態はどんどん進みます

こちらが追い付いていけないほど早いです

 

その時になって何をしていいのか、どうしていいのかわからない・・・・・・・

という事にならないように

食事やサプリを準備されておく事が良いです

 

食べなくなって準備していては遅い事があります
1日で体力はぐっと下がってしまいます

 

犬(わんこ)や猫(にゃんこ)が受け付けなくなった場合に

すぐにスイッチ出来る様に転ばぬ先の杖はとても大切なのです

 

 

どんなものを準備して置けばよいのかも

動画でチェックして下さい

もう少ししたら、ちゃんとホームページ上で準備するものなどを

きちんと整理したいと思います

犬(わんこ)の場合も同じです

 

 

もちろん、相談フォームにて個別にご相談下されば

ブログや相談のお部屋に掲載していることよりも深いお話をさせて頂くことが可能です

 

 

ケリちゃん、嘔吐がないので流動食を食べさせましたが

かなり厳しそうな予感がします

 

ケリちゃん

2010年10月10日

赤ちゃんみたいです

ケリちゃん②

ケリちゃん

 

検査の結果は良いのか悪いのか・・・・・

良く考えて明日の投稿に引き伸ばします

 

今日は ケリちゃんは気分が良かったみたいで ご飯を食べてくれました!!

 

うれし~

 

 

動物は具合が悪い時は食べずに治す    という考えもあります

 

私はケースバイケースで

人間の手を借りて生きていける状態ならば
無茶をしない程度に人間がお世話をしたほうが言いと考えます

 

これからケリちゃんの様子をこのブログでアップしていきますので

私のお世話が問題定義になれば良いと思っています

 

 

現在お困りの方がたくさんいらっしゃると思いますので

 

手の角度

口の中に入れる方向

指を入れる深さ

タイミング

どのくらいの状態まで続けるのか

 

などなど お世話に対してヒントや これからの対応の勇気になれば幸いです

 

 

猫(にゃんこ)へのお水の飲ませ方:ケリちゃん

 

20140205 004

 

 

ケリちゃんは 障害を持った猫(にゃんこ)です

 

去年までは 上手に歩けていましたし

身体が不自由ながら

 

よちよちと 一生懸命トイレまで行き、粗相をしたことなど1度もない子でした

 

 

16歳をすぎで だんだんと体力が弱っていき

いつからでしょうか・・・・・

 

今では

自分ではご飯も食べることが出来ません

お水を飲むことも出来ません

 

 

それでも、結構食いしん坊さんで

フードをお口の前まで持っていくと

お鼻を くんくんさせて  ぱくっ!   と、食べるのです

 

お水も、スポイトで飲ませてあげると  ぐいぐい 飲んでくれます

 

 

 

 

すごい勢いで飲むでしょう~

これ、2月5日  のことです。

 

まだ2週間も経っていません

 

元気そのものでした!!

 

 

好古さんも ケリちゃんを応援しているのか

やきもち焼いているのか

邪魔をしているのか 定かではありませんが

しっかり参加しています

 

ケリちゃんはとっても良い子なので、好古さんに踏みつけられても

怒ったり文句を言ったりはしないのです

 

 

 

それが、 3日前から 元気がない?  と感じていたのですが

 

昨日からぐったりしてしまって。

 

な の で、 今朝は缶詰攻撃じゃ~!!

食いしん坊さんのケリちゃんは  お鼻を くんくん させて  ぱくっ!!

 

 

お!
やたっ!!
作戦成功~!!

 

今朝は、香りもあってパテ状で食べさせやすいバイネイチャーの猫缶 チキンにしました。

http://www.pochihouse.net/products/detail.php?product_id=72

自分で食べたのは 3口くらいですね

 

 

スプーンを使って口の中に缶詰を入れて食べさせました

お口の中に入ってきた缶詰を うにゃうにゃ食べてくれるのです

 

 

それでも1日に必要な量は食べてくれません

頭が上がらないんですね

力が入っていない

頭を上げる元気が無いので、無理をさせても・・・・・・  ということで

 

病院へ

 

水の飲ませ方

 

 

皮下輸液中  のケリちゃん

 

 

20150217アイホン 042

 

 

がんばれ~~!

 

今日は

・みどりむし(人用)

・ビーフエキス

・インターナチュラル

・ポチママの手作り酵素

を飲ませました

 

多めのお湯で溶かしたので 10ml 程度になりました

 

検査の結果や今後の対策は  また明日ご報告させていただきますね

 

010

 

何度も持ち直した 頑張りやの ケリちゃんですが

今回は厳しそうです

 

思いはエネルギー&パワーとなって届くと私は信じています

皆様のお祈り下さいませ

 

ポチママより

 

ケリちゃん猫(にゃんこ)を(FUCA-TIRA)カイロでアジャストメントしました

ストレートカイロプラクティックのアジャストメントを受けたケリちゃん

 

ケリちゃんは 私が動物病院で勤務していた頃

 

交通事故に遭って急患で運ばれてきた猫(にゃんこ)です

 

http://www.pochihouse.net/contents/blog/chiropractic/1127

【カイロプラクティックについて】で一度ご紹介したことがあります

 

 

道路で猫(にゃんこ)が車に轢かれた。 30分以上絶ってもまだ息をしている。

 

かわいそうだから・・・・と、見かねた方が連れてこられたのです。

 

 

生後3ヶ月ほどの仔猫です。

 

体中が裂けていましたので、見た目にはかなりの重症に見えましたが

とにかく、応急処置だけ施したのです。

 

 

胸も足も手も顔も体のあちこちが裂けて筋肉や骨が露出し、出血で毛はべっとり。

右脳を強打したらしく、左半身はまったく動きません。

 

 

自分でご飯を食べることも水を飲むことも出来ませんから

 

私たち、AHT(アニマルヘルステクニシャン)が1日3回食事のお世話をすることになったのです。

チューブを口から入れて強制給餌をするのですがそれが可愛そうで・・・・

 

お昼休みには私が缶詰を手で食べさせたものです。

 

 

体中を縫っていますから、なんとも痛々しく、包帯だらけで

血液もまだ被毛についていました。

 

 

その仔猫に毎日ご飯を食べさせるのですが、体が不自由なうえに、顔中縫っていますから
口が開けにくいだろうし、痛みもあるだろうしで、なかなか上手にご飯が食べることが出来ません。

 

 

抱っこして口に缶詰を指で入れるのですが、私の白衣ががすぐに汚れて

毎日お洗濯をしたものです(笑)

 

 

みゃーみゃー鳴くようになったり

自分で「ニチニチ」と缶詰を食べることが出来るようになってくるのです。

 

 

少しずつですが元気になっていく仔猫。

 

 

お昼休みが楽しみで楽しみで♪

 

 

リハビリもしないとな~と、初めて床を歩かせてみた時、

不器用だけど 「歩いた!歩けた!!」 と、後輩と喜んだ事を覚えています♪

 

 

結局、私が引き取って我が家の子に迎えたのですが、その子が「ケリちゃん」です。

 

そのケリちゃんも今では16歳。

 

もう危ないかも・・・・・・・ という時が去年から何度もあったのですが

 

ストレートカイロプラクティックといって私が今学んでいるカイロの手技の1つで

 

「FUCA-TIRA」でのアジャストメントを施したところ

 

みるみる元気になったのです。

 

信じられない程のすばらしい現象が起きていますので、是非ご覧下さい。

 

 

 

 

動画では歩いていますが、これも脳を打っている障害で止まることが出来ないのです。

 

 

歩行がスムーズになる事だけがアジャストメントの変化ではありません。

 

 

ケリちゃんは右脳を強く打っているために、右を下にして寝ます。

 

左を下にして寝ることはありません。

 

左を下にした姿勢が取れないのです。

 

 

じょく創が心配ですから、左を下にしてみるのですが

全身に力が入って体が硬直し、とても嫌がります。

 

 

若い頃は、時々左を下にして眠ることが出来ていたのですが

 

もう何年も右を下にして寝る事しか出来ません。

 

 

それが、アジャストメントすると右下方向にして寝ることが出来るのです。

 

これも飼い主の私からすれば

 

日常では出来ないことが出来るようになった現象ですから、心から驚きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番最初に受けたアジャストメントの様子も動画で撮っています

是非ご覧下さい

 

 

 

ケリちゃんは、ずっと寝たまま1日を過ごしますが、少し運動させた方が良いと思うのと
じょく創が出来ないようにするために 朝少し歩かせるのです。

 

で、アジャストメントをすると 上手に歩けるようになる事もあるので

 

 

生命の力・生命の能力というものは

 

16年前の事故の後遺症でさえも、回復させる力を見せてくれるのだと

 

感動しています。

(個体差はあります)

 

 

 

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・。・。・。・。・

ポチの家 福岡市早良区原のペットショップ
オーガニック・ナチュラルにこだわったペットフード&サプリメント専門店
092-985-9200
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・。・。・。・。・

 

 
店長ブログ 店長の徒然日記
犬と猫の食事に関するお問い合わせ お問い合わせ 犬と猫の健康相談 メールはこちら
 
お買い物ガイド